PAL'LAS PALACE

パラスパレスのこだわり

着れば着るほど
自分らしいニュアンスが生まれる楽しさ。

袖を通すたびに、体になじんでいく心地よさ。

愛着を持って着続けた洋服だけが与えてくれる、
唯一無二の味わい。

それこそが、パラスパレスの目指すもの。
手間を惜しまず、妥協せず。
長く愛される洋服を、作り続けています。

糸を たのしむ つながる

パラスパレスは、日本各地の技をのせて服を仕立てています。 今回は、生地の素となる糸のお話しです。 冬のテーマ「紡(つむ)」は、糸からよそおう楽しみを 伝えたいと考えました。 毛糸には、二種類あるのをご存知でしょうか。 梳毛(そもう)という細くて光沢のあるものと、 紡毛(ぼうもう)という太くてやわらかなものです。 パラスパレスでは紡毛を多くつかっています。 紡毛の楽しいところは、いろいろな原料がブレンドでき、 個性的な表情をつくれることです。 今季は、カシミヤとウールでジャズネップという糸をつくりました。 ジャズのような自由な表現が名前の由来だそうです。 この糸をつくっていただいたのは、 愛知県岡崎市にある三河紡毛株式会社の濱谷さんです。 毛の持ち味を知り尽くし、こだわった原料を操る、 糸のデザイナーともいうべき存在です。 そして、素材の魅力を最大限に引きだすのは、 ミュール精紡機という旧式の機械です。 調整を重ねながら、時間をかけゆっくりと、 ここでしか紡げない糸を生みだします。 工場を訪ねて驚いたのが、塵ひとつおちていないことでした。 床や壁、手入れが行き届いた機械には、時を経た美しさがありました。 濱谷さんの真摯な姿勢が、表れています。 ジャズネップ糸は、カジュアルな見た目からは想像がつかない、 やわらかさが特長です。 極めて細いカシミヤを、正反対に太く紡ぐことは、 とても難しい過程でした。 丹念にブレンドを何度も繰り返すことで、 ようやくそれぞれの個性がひとつの糸にまとめ上がりました。 こうしてできた糸は、どこにもない、 パラスパレスの顔を持っていました。 手にしたときの嬉しさは言葉になりません。 そこから、服のシルエットを想像して杉綾地に織り、 コートを仕立てました。 この糸の魅力をまっすぐに届けたい思いから、 二種類の編地でニットもつくりました。 ぜひ目と手で、楽しさを感じてください。 服のファスト化が定着した今、 丁寧に糸を紡ぐミュール精紡機をつかうことは、 簡単なことではありません。 毎回、濱谷さんは納期の調整に悩まされています。 産地では稀少な技術と職人が減り続け、 いつまで維持できるのか先の読めない不安もあるといいます。 そのなかで、わたしたちには服を通して、 産地の作り手と着る人を、つなげていきたい思いがあります。 糸を紡ぐように、そんなものつくりでありたいと望んでいます。

インディゴ染め

パラスパレスのインディゴは、糸をロープ状にまとめて染める 「ロープ染め」を用いています。 甕から引き上げた瞬間は、インディゴというより緑に近い色合い。 浸けて、上げて、空気にさらす。 この工程を繰り返す事で徐々にインディゴ色が濃くなっていくのです。 ロープ染をすることで、糸の芯が白く残る 「芯白」という状態になります。 生地がすれたり、経年変化で色が落ちた時にほんのり地の白が見えることで、 奥行きのある味わい深いムラが生まれます。 この特徴がよく現れているのが、デニムです。 穿き込むことで徐々に身体になじみ、アタリや色落ちが楽しめます。 その表情はまさに十人十色。 ともに過ごし、育てる、自分だけのデニムが出来上がります。

染料と顔料

生地に着色する一般的な材料は、大きく分けて染料と顔料の二種類があります。 染料(左図)とは 古くから布を着色する為に用いられていて、糸の繊維の中まで染み込み、 生地の風合いを守りつつ着色することが出来ます。 顔料(右図)とは 色の粒子に接着剤の役目をするものを混合して、生地の表面に付着させる 着色材料です。 そのため、少しごわごわした風合いになりますが、 顔料でしか出せえない表現があったり、 素材を選ばずに着色できるという特徴があります。 どちらが優れているという訳ではなく、目的に合わせて使い分けられています。

手描き

パラスパレスの手しごとの一つに「手描き」があります。 一枚一枚社内で服に柄を描く、丁寧なものづくり。 手仕事だけが出しえる、個性と味が最大の魅力です。 その日の気温や湿度にも柄の表情が左右される、経験と勘が生きる技。 そこから、一つとして同じものがない特別な一枚が生まれるのです。

チェック

パラスパレスでは毎シーズン、 季節の素材やアイテムに合わせたチェック生地をオリジナルで作っています。 色と色の響き合い、素材との相性、ラインの太さや間隔。 糸の一本一本に至るまで想いを巡らせて作るチェック柄。 季節感の表現や洋服にした時のバランスを考えながら 作り手の想いがこもった生地へと仕立てられます。

アクセサリー

パラスパレスのアクセサリーは 人の手が作り出す、繊細で柔らかな風合いが特徴。 ブランドの信念でもある「心と身体を優しく包むものづくり」は アクセサリーにも息付き そこには人の手を通して作り上げる暖かみが感じられます。 手作業のため仕上がりに個体差がありますが、 良いいびつさを生み、豊かな雰囲気を醸しています。 パラスの洋服とお互いに引き立てあう、上質なアクセサリー。 是非ご覧下さい。

Back to Top